ホーム>労災保険治療

労災保険治療

労災保険治療について

労災保険治療とは

労災保険3

労災保険治療とは、仕事中のけがや通勤・帰宅中におったけがなど、労災保険適用で行う治療のことをいい、けがの大小関係なく基本的に就業中や通勤中のけがは労災保険が適用される場合が多いです。
労災保険は、労働者として正社員のみならず、パート、アルバイトなど賃金の支給されている方を雇用する事業者であれば強制的に労災保険が適用されます。

労災治療を受けるために

労災保険4

基本的に労災での治療での治療費の自己負担はありません。
就業中に負傷された方は武蔵境駅前整骨院にご相談ください。
ご来院時に保険証や会社より労働災害保険の所定の書類を発行していただきご持参ください。

労災保険治療に必要な書類

事故が業務中に起きたのか(業務災害用7号)通勤時に起きたのか(通勤災害用16号)によって
必要となる書類が異なります。

必要な書類の例)

業務災害用 様式第7号

業務災害用 様式第7号

通勤災害用 様式第16号

通勤災害用 様式第16号

労災保険のケース

  • 荷物の運搬中にぎっくり腰になった
  • 通勤時の交通事故でむちうち症になってしまった
  • 屋根の工事中に落下して骨折をした
  • その他、労働によっておこったけがや病気など

 労災保険5

武蔵境駅前整骨院では、打撲・骨折・捻挫・脱臼、労働中のけがや、ぎっくり腰、通勤中の交通事故によるむちうち症、災害性腰痛など様々な症状を治療いたします。
異常なしと診断された方や、他院に通院されている方も転院できますので、お気軽にご相談ください。

施術の流れ

問診
①問診

初めてご来院の方は問診によって現在の症状を聞き取りカルテを作成していきます。
痛みが発生した時期、原因、痛む部位の確認を行います。
過去の病歴や普段の姿勢や生活習慣病等も聞き取って身体の歪みの原因を検査していきます。

 
②検査

骨格のズレや痛みが発生している部位の可動域検査や、筋力検査、整形外科学検査法を行い、現在の身体の状態を検査していきます。

施術
③施術

コースによって様々な施術内容になりますが、お客様の症状に合わせた施術を用いて治療いたします。

アドバイス
④施術後の状態確認とアドバイス

施術前の痛みが改善されているか確認します。
日常生活での姿勢の注意点、自宅でも簡単に行える運動や筋力アップの方法、ストレッチやケアの方法を、親切にわかりやすくアドバイスしていきます。

ページ上部へ